刃物の意味・作法

プレゼントに包丁を贈っても大丈夫なの?刃物を贈ることは少し躊躇してしまいますよね。実は古くから、お祝い事の中には包丁を好んで贈るものがいくつも存在します。こちらのページでは刃物を贈る意味や、贈る際の作法をご紹介します。

刃物の意味とは

包丁は刃物ですから「切れる」ものです。

切れるというワードはどうしても忌み言葉として祝い事の場には縁起が悪い物としてふさわしくないとされてきました。

特に結婚祝いなどで贈る場合は「縁が切れる」と言われることもあります。


ですが本来刃物にはそれとはまったく逆の意味が込められてきた歴史があります。

それは刃物は「魔や災いと断ち切り、未来を切り開く」と言う意味です。

刃物は未来を切り開く

本来刃物は権威の象徴としてさまざまな神事や祭礼などで献上品とされてきました。

皇室では子が生まれた時に天皇が守り刀を贈る儀式「賜剣の儀」があります。

伊勢神宮の式年遷宮で奉納される「御太刀」などの祭ごとの儀式にも神聖なものとして欠かせません。

他にも一般の慶事の中でも、開通式の「テープ鋏」、進水式の「斧」、結婚式の「ウェディングナイフ」、包丁式の「式包丁」等の祝い事の場にも刃物は無くてはならないものです。


そのため刃物は縁を切るのではなく「魔や災いを断ち切る」と言う意味のほうが正しいです。

贈り物をするというのは贈られた方の新しい門出を祝ってするものです。

そこに刃物の「運命や未来を切り開く」と意味を込めて贈る事は大変めでたいことだと思っています。

その刃物が本来持つ意味を正しく知ってさえいますと、決して縁起が悪い物ではありません。


著者紹介About the author

堺一文字光秀

渡辺 潤

自社ブランド「堺一文字光秀」の販売、包丁研ぎ、銘切りをしており、その視点から感じたことや疑問を皆様にお伝えさせていただきます。

監修
一文字厨器株式会社(堺一文字光秀)
〒542-0075 大阪府 大阪市中央区難波千日前 14-8